2023年HDCP委員長杯

残暑が厳しい中8月27日(日)43名の選手により、ハンデキャップ委員長杯が開催されました。
優勝はAクラス佐藤栄一選手、Bクラス須永博選手でした。
また、ベスグロは73でまわった吉田光夫選手でした。選手の皆さん暑い中お疲れさまでした。
成績は以下の通りです。

2023開場記念杯結果速報

35度を超える晩夏の中、本日8月20日(日)48名の参加により、開場記念杯が開催されました。
Aクラスでは、鈴木恵選手(ネット70.0)、Bクラスでは野間純弥選手(ネット66.0)が優勝しました。
ベスグロは75で吉田光夫選手でした。
詳細結果は以下の通りです。

2023年 ツームストーン杯結果速報

猛暑の中8月6日(日)、毎年恒例のツームストーン杯が40名の参加選手により開催されました。
いつもの月例競技とは異なるルールで開催される競技会ですが、今年は自分の持ちハンデ6残して
ホールアウトした菅野良夫選手が2番ホールピンまで9m82cmまでプレイを進行し、優勝しま
した。準優勝は2番ホールピンまで13m90cmまで進んだ大出隆秀選手、第3位は1番ホール
アウトまで進んだ下山栄一選手でした。
8位までの入賞者は以下の通りです。

 

盛夏杯結果速報

本日7月9日、46名の参加選手により、盛夏杯が開催されました。
その結果、Aクラスでは、加藤功選手(写真:左)がグロス:71(ベスグロ)/ネット:69で優勝しました。
Bクラスでは、池崎雅人選手(写真:右)がグロス:82/ネット:65で優勝しました。
なお、グロス71でラウンドした加藤選手は、同時にエージシュートも達成し、当クラブから認定証の授与も
併せて行われました。
詳細結果は以下の通りです。

シニア&レディース杯結果速報

梅雨の晴れ間となった本日7月2日、シニア&レディース杯が開催され、
グロス:78/ネット:66という好成績で柳原澄男選手(下写真)が優勝しました。
ベスグロは、76で江井信選手でした。
詳細結果は以下の通りです。

第13回マッチプレー選手権競技2023決勝戦結果速報

準決勝まで梅雨の晴れ間を縫って開催されてきた今年のマッチプレー選手権競技も
本日6月30日、決勝戦は、雨の中での戦いとなりました。
結果、30ホール目で、橋脇英行選手を振り切った伊藤慶太選手(下写真)が優勝し、
昨年に引き続き2連覇を果たしました。
3週に渡り、ご協力をいただきました一般プレーヤーの皆様、競技委員の方々
ありがとうございました。

マッチプレー選手権準決勝結果速報

先週に引き続き、今週も梅雨の晴れ間を縫って、
マッチプレー選手権の準決勝が36ホールズマッチで行われ
武藤英二選手に勝利(6and4)した伊藤慶太選手と
荒木隆光選手に勝利(8and6)した橋脇英行選手が、
6月30日に行われることになりました決勝戦に進出しました。
今週も競技中の選手に快く先を譲っていただきました一般プレーヤーのみなさま
ご協力誠にありがとうございました。
中には、選手のナイスバーディーに、拍手を送っていただきましたパーティーも
何組か見受けられ、選手も快くプレーできたことと思います。
本当にありがとうございました。
2週に渡り開催してきたマッチプレー選手権も残すところ決勝戦のみとなりました。
6月30日ご来場予定のお客様にも、多々ご協力をお願いすることがあるかとは
思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

マッチプレー選手権競技1・2回戦結果速報

本日6月18日梅雨の晴れ間を縫って、マッチプレー選手権の1回戦・2回戦が開催されました。
その結果、次週25日の準決勝に勝ち進んだのは、
Aブロック:武藤英二選手、伊藤慶太選手、Bブロック:橋脇英行選手、荒木隆光選手の4名です。
選手のみなさんお疲れ様でした。
また、マッチプレー選手の追い抜きに、ご協力いただきました一般のプレーヤーの方々には、深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。
次週25日の準決勝でも、一般のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

マッチプレー選手権予選結果速報

本日6月11日、朝からあいにくの雨模様の中、マッチプレー選手権競技の予選会が開催され
来週開催の1回戦進出者(上位)16名が決定しました。
メダリストは、76でラウンドした武藤英二選手(写真)でした。
予選通過の16名の選手には、来週以降の健闘に期待いたします。
惜しくも予選落ちとなってしまいました選手には、来年の参加もよろしくお願いいたします。
詳細結果は以下の通りです。

水無月杯結果速報

本日6月3日(土)、昨日の雨で開催が危ぶまれた今年の水無月杯ですが、まずまずのコンディションの中、
41名の参加選手により開催され、Aクラスでは佐藤貴哉選手(写真:左)、
Bクラスでは生田謙児選手(写真:右)が見事優勝を果たしました。
詳細結果は以下の通りです。